リーダー向け 「成長意欲の起爆剤研修」の事例

Full Pack

成長意欲が高く、情報の吸収も早いハイパフォーマーに対して、さらなる成長のきっかけを提供したい。というご要望を受けてアレンジした研修です。具体的には、小規模ながらも大きな成果を生み出す職場を訪ね、その職場の仕事術や考え方を観察することで、さらなる成長のヒントを模索。職場体験後のワークショップを通じて、得られた気づきを自己分析していただき、成長要件の言語化までを目指しました。

リーダー研修1
リーダー研修2
リーダー研修3
目的 自立・自走型人材の育成、リーダー層のマインド強化
対象 リーダー層社員 17名
概要 事前説明:目的の共有と事務的な連絡を行う
職業体験:小さい組織で大きな成果を出している職場を訪問
ワークショップ:職場体験で得た情報を言語化する機会として活用
体験先 革小物職人、探偵、花屋、旅館ふかざわ
開催方法 全3日間の工程で実施
1日目(30分):事前説明
2日目(3~6時間):職業体験(4人1グループとなり合計5箇所の職場を訪問)
※職業体験先の宿にそのまま宿泊
3日目(3時間):職業体験(5人1グループとなり4箇所の職種を訪問)
(2時間):ワークショップ
※職業体験先の宿に併設されたワークショップ会場を利用
費用 約1,470,000円(税別)
(企画調整、宿泊、食事、仕事体験、ワークショップの費用として)

実施の流れ

リーダー研修 事前研修

1.事前研修(1日目)※お客様にて実施

今回の研修の目的と期待することを説明。研修が1泊2日でかつ移動も含まれるため、事務連絡が主な説明内容です。

リーダー研修 職場体験1日目

2.職場体験(2日目)

参加者に事前に希望を募り、本人が興味を持った職場に訪問。訪問先では、働き手の想いや、こだわりにフォーカスして話を聞ききつつ、仕事の一部を体験しました。

リーダー研修 発表会

3.発表会(2日目/夜)

宿泊先にて、夕飯を食べながら各自参加した職場体験の模様をプロジェクターに写真を投影しながら発表しました。

リーダー研修 職場体験2日目

4.職場体験(3日目)

2日目の夜に宿泊した旅館で職業体験。サービスを支える職種ex.板前、仲居を体験しつつ、働き手から直接その仕事への考え方やこだわりを聞き出しました。

リーダー研修 ワークショップ

5.ワークショップ(3日目)※企業内で実施

併設のワークショップスペースで職業体験を通じて得た情報を発表。自身や組織にとっての成長レバーを言語化する作業を行いました。